yAt構造設計事務所

TEL:050-6861-3939

お問い合わせ
© yAt Structural Design Office inc.

金蛇水神社参拝者休憩所

  • 竣工年 | 2020年
  • 階数  | 地上1階
  • 延床面積| 987㎡
  • 構造種別| W造
  • 受注先 | 株式会社齋藤和哉建築設計事務所
  • 資料提供| 阿野 太一

解析モデルアクソメ図

・ 直接基礎(べた基礎)により支持された地上1階木造の建築物である。

・ 連続した大屋根に対して2棟の独立したボリュームが支持する形式となっている。

・ 長期荷重に対しては、「床組」及び「梁」等の横架材により支持し、それを「柱」及び「基礎」で支持することとする。

・ 大きい屋根スパンを合理的に構成するため、屋根はトラスを形成している。

・ 地震力や風荷重時の水平力に対しては、鉄骨のターンバックルブレースにより抵抗することとし、許容応力度計算を行い各部材が許容応力度以下であることを確かめることとする。

・ 床水平構面は構造用合板24mm張りとし、床の水平剛性を確保した。

・ 偏心率は0.3以下とする。偏心率の算定方法は壁率計算によらず、重心、剛心、捩り剛性等から算出する詳細計算に拠った。

・ 地震時に生じるターンバックルブレースに生じる引張力とせん断力はアンカーボルトにより基礎へ伝達されるものとする。

・ ターンバックルブレースと木柱、木梁との接合部は鉄板とドリフトピンによって製作された金物により接合されている。

金蛇水神社参拝者休憩所

外観1

山型架構と方杖を組み合わせたトラスにより屋根主要部の構造体を形成し、屋根の大スパンを合理的に構成している。またこれらの構造体は大部分を現しとしているため、木架構の力強さを表現すると共に、木独特の暖かみのある空間も実現できている。

金蛇水神社参拝者休憩所

内観1

金蛇水神社参拝者休憩所

外観2

・耐震要素には鉄骨のターンバックルブレースを使用している。ブレースと木柱、ブレースと木梁との接合部は鉄板とドリフトピンにより製作された金物により接合されている。

そのほかの事例

熊野東防災交流センター

竣工年 | 2021年
階数  | 2
延床面積| 1220
構造種別| RC造
受注先 | 大西麻貴+百田有希/o+h
資料提供| 中村 絵

ウノビスタ鶴見B

竣工年 | 2021年
階数  | 4
延床面積| 619
構造種別| RC造
受注先 | ファーイースト 一級建築士事務所
資料提供| ファーイースト 一級建築士事務所 及び 撮影者:小林勇蔵

Contact

TEL:050-6861-3939

受付時間 9:30〜18:00(土日祝除く)